障子の概要

外を眺める緑色の着物女性

障子とは、木の桟に和紙を貼った建具のことであり、主に廊下と部屋の間を仕切ることにより、寒さを防いだり、目隠しにすることができます。また、部屋の空気を清浄にする機能が備わっていることでも知られています。 さらに、障子と同様に、和風住宅の中で重要視されている建具として、畳とふすまがあります。現在では、いずれもさまざまな素材とデザインの製品が販売されていますので、室内のインテリアとしても重宝されています

ふすまの歴史

畳の上に変わった黒い壺

ふすまは古くは障子と言われ、木の格子の両面に紙を貼る手法は中国から伝来し奈良時代は紙が貴重で一般には普及していませんでした。 室町時代になると書院造が発展し、ふすまに書かれるようになり、安土桃山時代から江戸時代前期に障壁画との全盛期となります。江戸時代前期から中期になると一般の町民にも普及し始め、量産化の必要から印刷による紙の生産が始まりました。明治時代に入ると昭和30年代から現在と同じようなもの